Simien Community Tourism Project in Ethiopia


2011年からマーケティングの専門家として参画している
エチオピアの世界自然遺産「シミエン国立公園」のプロジェクトも
いよいよ最終年次を迎えました。

標高4,000m級の山々に囲まれた村には独自の伝統や生活習慣が色濃く残っており
もちろん観光資源としての価値は一級品。

富士山よりも高い場所に暮らす人々

マーケティングの専門家としては、住民の暮らしや思いを大切にしながら
いかに「売り物」に変えていくかが、メインテーマです。
日本、エチオピア両国政府関係者と専門家の努力、
そして何よりも現地住民の頑張りが実って、
コーヒー・セレモニーやインジェラ(エチオピアの主食)・ベイキングなど
多様なプログラムが開発されました。

DSC_0102

今では欧米の旅行会社からの問い合わせが来るまでになっています。